チャド・マレーン『ニューヨークを作ったのは日本人だった』

2015-09-30_175213

都市伝説テラー・チャド・マレーンニューヨークを作ったのは日本人だったという話について語る。

スポンサード リンク

まず、初めてニューヨークに行く大阪人は絶対に道に迷う事はない。その理由は徳川家康の時代にまで遡る。

徳川家康が大阪城を手に入れて江戸に戻って来た時の話だが、大阪から帰って来る時に何人かの旗本と呼ばれる人たちを連れて帰って来た。

ちょうどその時、同じ頃あたりにオランダがニューヨークを先住民達から買い取っていった。

実は徳川家康はオランダのパイロットであるウィリアム・アダムズという人が知り合いで、そのウィリアムはオランダに「日本には凄い奴がいる。じゃあニューヨークの街作りをこいつに任そう。」と徳川家康の事を紹介した。

徳川家康は自分が行くわけにいけないので、一人の旗本をニューヨークに送り込んだ。その旗本は大阪の人だったが、ニューヨークに行って、街造りを任され、ニューヨークの基盤を造り上げた。

そして今もこの旗本の子孫もニューヨークの街造りを代々受け継ぐ事になっていて、大阪にもまだ子孫が残っているので、現在でも陰でニューヨークを動かしている。

スポンサード リンク

何故この旗本はニューヨークを大阪をベースに造り上げたかと言えば、どちらの街も大きな2本の大きな川に挟まれている地形をしていたからである。大阪は大和川と淀川、ニューヨークであればハドソン川とイーストリバー。

他にも共通点があり、全ての道が東西南北に綺麗に整備されている。しかも大阪は分かり易く縦の道は全て筋で、横の道は全て通り。ニューヨークも同様にストリートとアベニューに分かれている。

後は野球。アメリカの中でも一番熱狂的ファンを持つのはニューヨーク・ヤンキース。ちょっと街から離れた所にスタジアムがある。阪神ファンも同様で、共に屋根のないスタジアムにこだわっている。しかもどちらも5万5千人のキャパである。これも裏でこの旗本が手を引いていると言われている。

更にニューヨーカーも大阪人もせっかちで歩くスピードがとんでもなくはやいという共通点もある。しかも信号無視をして渡ってしまう事をニューヨークではJウォークと言うが、この『J』は『JAPAN』の『J』である。

実は更に圧倒的な証拠があり、今でこそ大阪は24区に分かれているが元々は東西南北の4区だった。ニューヨークも4つに区画されていたのが5つになった。5つ目がマンハッタンと言われている所だが、徳川家康が送り込んだ旗本の名前が『ハタ』という名前だった。この『ハタ』は大阪では『ハッタン』と呼ばれていた。そこで『ニューヨークを作った偉大な男』という事で『マンハッタン』になったのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ