関暁夫『天才達の秘密組織PLUS ULTRA(プルス・ウルトラ)が描く未来都市構想』

2015-10-01_114426

都市伝説テラー・関暁夫天才達の秘密組織PLUS ULTRA(プルス・ウルトラ)が描く未来都市構想について語る。

スポンサード リンク

前回は『ウォルト・ディズニーとDeMolay団』の記事に記載。

1889年フランス・パリで行われた万国博覧会。その開催中、エッフェル塔の中で天才達による会合が行われた。その会合によって創設された秘密組織。それが『PLUS ULTRA(プルス・ウルトラ)』。である。

Dの意志を受け継ぐPLUS ULTRA。一切の活動内容がベールに包まれた秘密組織。そのメンバーは電磁波を作り出し、世界中にワイヤレスで電気を送る世界システムを考案した天才発明家であるニコラ・テスラ、天才として名をはせたエッフェル塔を設計した天才技師であるギュスターヴ・エッフェル、蓄音機やトースターなどを世に送り出した天才発明家であるトーマス・エジソン、相対性理論を提唱し現在物理学の父とも呼ばれる物理学者であるアルベルト・アインシュタイン、そしてアニメーター・映画監督・脚本家など多彩な才能を持つ天才クリエーターであるウォルト・ディズニー。

何らかの志を共有し集まった天才達。ウォルト・ディズニーが描いた未来都市構想はPLUS ULTRAとどのように関わっているのだろうか。

スポンサード リンク

以前、ウォルト・ディズニーは冷凍保存されているという話をしたが、同じ様にPLUS ULTRAのメンバーであるアインシュタインの脳がオークションに出された時、脳の一部が欠損した状態だった事は有名な話。つまり何者かがアインシュタインの遺伝子をもどこかに冷凍保存しているのではないかと言われている。

PLUS ULTRAというのはラテン語で『さらに先へ』という意味が込められている。天才達は自らの遺伝子を冷凍保存する事で、更に先の未来で復活を待っているという事である。

世界支配を脅かす程の戦士達の魂。人類の未来。そして自由の為に戦い知恵を持って更に先へ進め。Dの意志は必ず復活する。このDの意志を我々に伝える為、世界中のメディアに影響を与える存在になったディズニー。

そしてPLUS ULTRAが描く未来都市構想こそがトゥモローランド。受け継がれし天才達の遺伝子が別の生命体となり蘇る日は近いのかもしれない。

そのカギとなるシグナルは我々の身近な所から発信されていると関暁夫は語る。

それは人工知能を搭載したSiriにある質問をすると答えてくれるという。

その質問とは『あなたは子供が何人出来ますか?』というもの。するとSiriは『子供をもてるのは生命体だけですよ。今のところは』と返してくる。

この意味は分かるだろう。違う形のヒューマノイドが誕生して来る。天才達の意志が蘇る未来。それは我々人類にとって飛躍的に革新した明るい未来なのか。それとも人間を圧倒的に凌駕する人工知能を持った新たな生命体に支配された暗黒の未来なのか。

はるか昔から我々の知らない所で着々と進行していた未来構想。その未来に生き残れる人間の選別はもう始まっているのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかはあなた次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ