関暁夫『ウォルト・ディズニーとDeMolay団(デモレー団)との関係』

2015-10-01_114233

都市伝説テラー・関暁夫ウォルト・ディズニーとDeMolay団(デモレー団)との関係について語る。

スポンサード リンク

前回は『「聖骸布」に隠された真の姿』の記事に記載。

テンプル騎士団最後の総長であるジャック・ド・モレー(Jacques De Molay)。そのジャック・ド・モレーの意志を継いだ、フリーメイソン関連組織がある。それがDeMolay団(デモレー団)

DeMolay団は1919年にアメリカで設立。メンバーが兄弟以上の仲間意識と絆を強く持つDの意志を継ぐ団体。かつてはクリントン元大統領も所属していた。

更に皆がよく知る人物もDeMolay団に所属していた。その人物と言うのがウォルト・ディズニー。

スポンサード リンク

2015-09-23_101632

これはDeMolay団が会員宛てに送った封筒である。だからDeMolay Internationalと記載されており、Walt Disneyの文字に、関連組織であるフリーメイソンのマークもしっかりと刻まれている。

そもそもウォルト・ディズニーというのは北欧からの移民である。フランスのisignyという地名がDisneyの名前の由来である。

つまり、ディズニーという名前はイズニーだった。後から『D』が足されてディズニーになったのである。ディズニーのDはジャック・ド・モレーのDの意志を受け継いでいるのではないかという事になる。

ではDの意志とは何だろうか。

まさにディズニーの強い意志を新時代の人類に刻み込もうとしている映画が公開された。

ウォルトが遺した最大の謎にして最高のプロジェクト。未来都市構想を描いたトゥモローランド

ウォルト・ディズニーが描いた未来都市構想とは一体何だったのか。その謎を紐解くヒントはフランスのパリにあるという。

スポンサード リンク

続きは『天才達の秘密組織PLUS ULTRA』の記事に記載。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ