日本には秘密裏の情報収集機関は存在しない

2016-09-11_235744

情報を集める『防衛駐在官』は各国に大体1人しかいない!?(軍事・情報戦略研究所所長 西村金一)

海外に日本人は沢山行っていると思うが、その人達を守る為のテロ情報というのが今大事になってくるが、日本の防衛省は各国の大使館にその様なテロ情報を収集し、提供する防衛駐在官を派遣している。

スポンサード リンク

しかし、その防衛駐在官というのは各国に大体1人しか存在しない。

スポンサード リンク

1人でテロの情報を収集し、緊急時に提供出来るかと言えば、そんな事は出来ない。

なので、今後、その様な防衛駐在官を増やしていかなければ、海外にいる日本人を守る事は出来ない。

日本には秘密裏に情報収集する機関がない!?(軍事ジャーナリスト 黒井文太郎)

そして、アメリカで言うCIAの様な秘密裏に活動を続けている組織が日本には存在しない為、尚更、情報収集する事が出来ないのである。

昔から秘密裏に情報収集する為の機関を作ろうという話はあったが、特高警察や憲兵など暗いイメージがあるのでやってこなかった。

実は2015年12月に初めてそれに近い組織である国際テロ情報収集ユニットというのが外務省内に発足された。初めて専門のテロ情報を快該の情報機関とやり取りする為の機関が日本に設けられた。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ