テロに遭遇した時の逃げ方・助かる方法

2016-09-11_235636

テロに遭遇してしまった場合叫んで逃げたら命取り!?(軍事・情報戦略研究所所長 西村金一)

皆テロ対策が必要だと言いながらも、本音の部分では「自分には関係ない。」と思っている事だろう。

その「自分には関係ない。」と思う根拠は「実際に自分はテロ対策として何をしたら良いかわからない。」という考えがある。

スポンサード リンク

それが落とし穴で、実際にそんなテロ現場に出くわしてしまったら通常はワーとかキャーとか悲鳴を叫びながら逃げ回るだろうが、これがNG行為なのである。

テロリストも緊張しているワケなので音や光に敏感に反応し襲撃してくる。ゆえにワーとかキャーといった叫び声が聞こえた方を優先的に攻撃してくるのである。

スポンサード リンク

だからこそ、有効なテロリストから逃げる方法としては静かにテロリストの視界・視線から消える事なのである。

他にも派手な服装をしない等、極力目立たない様にいる事がテロリストから逃げる際に得策と言える。

より低い姿勢を取るほど助かる可能性が高い!?(軍事・情報戦略研究所所長 西村金一)

ちなみに自衛隊の訓練では敵が追ってきたら伏せる様に言い聞かされている。特に水たまりがあった場合はその中に伏せろと言われている。この理由は周りよりも低い場所なので、銃弾が当たる可能性が低くなるからである。

自動小銃を撃つと銃口は自然と上へ向く。ゆえに銃を下に向けて撃つというは難しく、技術が必要である。

また、テロリストは緊張しているので下を向く余裕はない。警察がいつ発泡してくるか分からない中で、視界の下の部分まで警戒する事は出来ないのである。

だからこそ低い姿勢の方が弾が当たりにくくなる。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ