テロ対策情報はお金で買う

2016-09-11_235522

大事なテロの情報は他国はお金で買っている!?(軍事・情報戦略研究所所長 西村金一)

情報というのは非常に重要な事は言うまでもない事であるが、大事なテロの情報というのはお金で買わないと危ない。

スポンサード リンク

2013年にアルジェリアの燃料施設がテロ組織に襲撃され、その時に日本人10人が犠牲になった。当時、同じ場所で働いていたフランス人やイギリス人の犠牲者は極端に少なかったのである。

それは何故かと言えば、その理由はイギリスやフランスの会社はその様なテロの情報をお金で買っていたからである。ゆえにどこでテロが発生する危険性が高いか把握出来ていた為、犠牲者が少なかったのである。

スポンサード リンク

この様にテロ情報を買った人は口外せずに、事前に逃げるという形を取る。

危機管理対策でパニックルームが用意されている!?(軍事アナリスト 小川和久)

イギリスの有名な危機管理会社に様々なイギリスの企業は従業員の安全に関して依頼している。そこが色んな情報を集める為にお金を使用している。

そして、この危機管理会社を使う為には1年間に何億円にのぼる1年間の会費が必要になる。

「いざとなったらこの様に行動しなさい。」みたいなマニュアルが、当該危機管理会社から提供されているのである。

だからイギリス人はアルジェリア人質事件の時は危機管理会社の書いたマニュアル通り、行っていた。

当該襲撃された施設は地下に緊急時に避難可能なパニックルームが設置されていたが、そこに籠城したのである。

それで結局イギリス人の多くが助かったのである。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ