オリエンタルラジオ中田敦彦『あの歴史的発明の裏にいた日本人』

2016-06-25_020429

都市伝説テラー・オリエンタルラジオ中田敦彦あの歴史的発明の裏にいた日本人について語る。

スポンサード リンク

まずはこの写真を見て欲しい。

2016-06-25_013426

なんの変哲もないマンゴーである。その上で、もう1枚見て頂きたい。

2016-06-25_013618

こちらは黄色い。パパイヤにも見えるが、こちらもやはりマンゴーである。

2枚比較してみると分かり易いが我々が知っているのは圧倒的に1枚目の赤いマンゴーである。それもそのはず。日本で生産されているマンゴーの9割以上は赤いマンゴーだからである。

ただ、世界的に一般にマンゴーと言えば実は黄色いマンゴーである。

では、1枚目の赤いマンゴー。正式名称は『アーウィン』という。聞いたことがない。これは通称『アップルマンゴー』と呼ばれている。

何故、日本だけがこの赤いマンゴーを食べているのだろうか。

答えはシンプルで、この赤いマンゴーは実は日本人が作ったのである。

どの様な農家が作ったのだろうかとイメージすると思うが、まず農家が作ったワケではない。実は作ったのはかの有名な家電メーカーであるシャープの副社長なのである。

その人物の名前が佐々木正というが、この佐々木正がマンゴーを作ったのはシャープに入社するはるかに前。高校生の時、卒業制作の研究課程として、開発したのである。一言で言えば佐々木正は天才である。

その天才がシャープに入社したワケなので、凄いものを作ってそうだが、実際に作っている。佐々木正は世界で初めて『電卓』を作った人である。

電卓って聞けば、今の若い人は「たかが電卓。」と思ってしまいそうだが、なんせ凄いのはその当時(昭和初期)の計算機はとにかく馬鹿でかい。そんな時代に佐々木正は電卓をコンパクトに作ろうとしたものだから、相当に皆からバッシングを受けた。その為、当時のアダ名は『ホラ吹き佐々木』だった。

ただ、そんな野次を跳ね除けて遂に佐々木正は電卓を完成させる。佐々木正は伝説の開発者となった。

そして、この佐々木正の伝説はそこで終わらない。佐々木正は後に副社長になったが、副社長になった時に、若干20歳の若者が佐々木正のもとを訪ねてくる。

その若者は「新しいビジネスのアイデアがあるんです。ただそのアイデアは斬新過ぎて、他の会社では門前払いをくらってしまいました。だから佐々木さん。貴方はどうか話を聞いて下さい。」と佐々木正に言ってきた。

どんなアイデアだったかと言えば、それが『電子翻訳機』というアイデアであった。今でこそスマホのアプリ等で普及してきたが、これははるか40年前の話である。そんな事誰も思いつかない。

スポンサード リンク

そんな中、佐々木正は先見の明があったので若者の話にのっかり、当時の1億円相当するお金を若者に渡した。

そして、そのアイデアを買ったと言い、シャープで商品化してしまった。それが『IQ3000』。これは世界で初めてのポータブル翻訳機である。この様に世界初の発明を凄い決断力で生み出し続けた伝説の天才だったのである。

ただ、この話を聞くと、一億円を貰った若者のその後が気になる。その若者は一億円を元手に大成功した。この若者こそ後のソフトバンクグループの孫正義である。

佐々木正は数々発明品を生み出したが、天才経営者も作り出したのである。

でもこれは、天才同士がたまたま出会っただけの物語の様にも聞こえる。

しかし、そうとは限らない。佐々木正はもう一人、天才に凄い力を与えたのである。

上記の翻訳機が話題を呼び、とある天才が佐々木正のもとを訪ねてきた。その天才こそがアップルのスティーブ・ジョブズである。そのスティーブ・ジョブズが佐々木正にどうしても会いたいという事で遂に面会が実現した。

そして、スティーブ・ジョブズは「佐々木さん、貴方は素晴らしい発明を沢山残している。貴方のビジネスのルーツは何ですか?」と質問した。すると佐々木正は「僕のビジネスのルーツはアップルマンゴーなんです。」と答えた。

アップルマンゴーは実は凄い事で、アップル=リンゴは北国のもの。マンゴーは南国のもの。これを掛け合わせるのは大変な作業である。しかし、リンゴとマンゴーを掛け合わせた事で圧倒的なものが生まれた。つまり、真逆なものを組み合わせて新しいものを作る。これこそがビジネスであると佐々木正はスティーブ・ジョブズに伝えた。

これを聞いたスティーブ・ジョブズは感動し、「素晴らしい話ですね。そして佐々木さん。うちの会社アップルというのですよ。もしかしたら我が社もマンゴーとなる何かを産み出さなければいけませんね。」と佐々木正に伝え、2人は分かれた。

それから数年後、アップル社は画期的な商品を発表する。それが『iPod』である。iPodはその操作性やデータで音楽を聴くという革新性、それもさることながら、何が凄いかと言えば、ライバル会社であるWindows(ウインドウズ)でも使える様にしたという事である。

普通であれば自分の会社のパソコン(マッキントッシュ)を売りたいはずにも関わらず、ウインドウズでも使えるようにした。この事によってスティーブ・ジョブズは世界を制した。

これはまさにアップルがマンゴーを見つけた瞬間とも言われている。

ここで思い出して欲しいのは佐々木正はアップルマンゴーを日本に与えた。そして、翻訳機や電卓を与えた。更に孫正義にビジネスのチャンスを与え、スティーブ・ジョブズには勇気を与えた。この大きな歴史のうねりの中で、一人の天才日本人は確かに存在したのである。

そんな天才である佐々木正はまだ生きている。御年101歳であり、ばりばり現役である。

最近佐々木正はインタビューを受け、インタビュアーがこんな事を聞いた。「佐々木さん。今の夢はなんですか?」と。すると佐々木正は「私の夢は120歳まで生きる事です。」と答えた。

インタビュアーはそれを聞いて笑いながら「佐々木さん。それは凄い事ですけど、そんな事出来るんですか?」と聞くと、佐々木正は真っ直ぐな目で「その方法と理論。もう僕の頭の中にあるんです。」と答えた。

ここで佐々木正の事を、以前の様に『ホラ吹き』と笑うだろうか。それとも、もう一度新しい夢を人類にみせてくれると思うだろうか。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ