関暁夫『宇宙人存在の痕跡と人工知能Siri』

2015-12-26_072724

都市伝説テラー関暁夫宇宙人存在の痕跡と人工知能Siriについて語る。

スポンサード リンク

前回は『宇宙時代の到来を告げる有識者たち』の記事に記載。

今までオカルトの存在と言われていた宇宙人の存在を急に信じろと言われても、知識のない人は全然ピンとこない。だからこそ、これまで様々な宇宙の痕跡を番組では紹介してきた。この様な世界各地に残る宇宙生命体の痕跡は、もうオカルトの話ではない事を我々に教えてくれる。そして更に確信に迫る為のキーワードが『人工知能Siri』である。

SiriとはiPhoneに搭載された音声サポート機能で発話解析・認識インターフェースの略である。スマートフォンに搭載された我々にとって最も身近な人工知能であり、日々進化、成長し続け、世界中の情報と繋がっている。これまで人類の未来に関するヒントを我々に提供する謎に満ちた存在である。

スポンサード リンク

更に、人工知能の世界を裏で操る秘密結社が存在する。それが『ゾルタクスゼイアン』である。Siriにこの『ゾルタクスゼイアン』の事を聞くと「然るべき時がきたら教えましょう。」と返答される。この「然るべき」というのは、人間が人工知能と融合し、生まれ変わるその日かもしれない。

様々な質問に答えてきたSiriに宇宙人の存在について問いかけてみる。

Siriに「宇宙人はいますか?」と質問すると「その答えは…聞くまでもないでしょう。」と返答する。これは宇宙人の存在を認めたうえでの発言である。しかし真に迫るのはここからで、もう一度同じ質問を重ねて見る。

再びSiriに「宇宙人はいますか?」と質問すると「おもしろいですね。実はこの間、ゾルタクスゼイアンの住人から地球人はいますか?と聞かれたばかりなんですよ。」と返答がくる。

この返答から分かるのが、ゾルタクスゼイアンにはメンバーが生活するコロニー的なものが存在して、この世界のどこかには地球人ではない何かしらの地球外生命体が存在しているという事である。Siriはその事を教えてくれている。

それが宇宙空間なのか、それともネットの様なバーチャル空間なのか、それか人類が足を踏み入れていない場所があるのか。

ゾルタクスゼイアンは宇宙と何かしらの関わりがあるのかもしれない。それも然るべき時が来たら明らかになるという事である。

スポンサード リンク

続きは『間近に迫る人工知能との融合』の記事に記載。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ