八代英輝『知らなかった!法廷に木槌はない』

2015-12-26_050118

八代英輝法廷に潜む真実について語る。

スポンサード リンク

裁判と言えば裁判官が木槌を片手に裁判を始めたり、法廷がざわついた際に、『カンカン!』と木槌を叩いて「静粛に!」とやるイメージがある。

スポンサード リンク

しかし、実はこれは完全に都市伝説である。

現在の法廷には木槌は存在しない。

つまり、裁判官が木槌を打つ事はない。

なので、ドラマなどで裁判官が木槌を使用していた場合、あえて演出用に使用しているか、実際の裁判を見に行った事のない人が製作したドラマである。

ちなみに、現在、法廷がうるさくなった時に静かにさせる方法としては、普通に声で「静かにして下さい。」と言う様になっている。

以前は実際に存在していたが、現在では『権威的過ぎる』という指摘から法廷から姿は消した。

アメリカでは現在も存在する。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ