オリエンタルラジオ中田敦彦『世界を支配する究極の法則』

2015-12-26_045940

都市伝説テラーオリエンタルラジオ中田敦彦がに世界を支配する究極の法則ついて語る。

スポンサード リンク

2015年、日本は戦後70周年という節目の年を迎えたが、この70年の日本経済を牽引してきたのは日本企業の経営者である。非常に有名な経営者は松下幸之助・本田宗一郎、最近では孫正義といった社長と色々存在する。但し、我々の知らない天才経営者がかつて存在した。

その人物が『藤田田(ふじたでん)』。この社長を知る人知らない人分かれるが、この人の会社は皆が知っている。その会社の名前は『日本マクドナルド』である。

今でこそ超有名企業だが、当時はアメリカからハンバーガーを日本に持ってくるなんて・・・と反対の声が多かった。「日本でハンバーガーは流行らない」という声を押しのけ、後にハンバーガー王とまで称される成功に至った。

この藤田田の成功の裏にはとある法則があったという都市伝説がある。

藤田田は生まれは大阪だが、東京大学に入る。そして東京大学に在学中にGHQで通訳のアルバイトを行った。そこでとある人々に出会う。それが商売の天才だなんて言われているユダヤ人である。現にグーグル、フェイスブック、スターバックスといった世界をリードする会社の創業者・経営者はユダヤ人である。ユダヤ人はとにかく商売と数字に強い。

2015-12-26_003000

ここで数字と言うと、『1・2・3』とあるが、この数字が何故この形になったのか考えた事があるだろうか。実はこの数字の形には理由がある。この数字の形は原型の角ばった形の角度の数なのである。つまり数字とはある種の意味を持った形だったのである。

この様な事は我々日本人は知らないが、ユダヤ人は知っている。つまり我々とは次元の違う事と関わってきた。

そんなユダヤ人達が導き出した究極の数字に関わる法則が存在する。

これは『78:22の法則』という。これは別名『ユダヤの法則』と呼ばれ、『78』と『22』を足すと『100』になる。一つの物事が78%と22%に分かれる。多くの世の中の出来事がこの比率になっているという法則である。

スポンサード リンク

大きい話をすれば、大気に含まれる窒素は78%で、それ以外は22%になっている。この割合が自然環境を保つのに適切だと言われている。次に人体で言えば善玉菌と悪玉菌の割合は77:22で、この状態が一番健康的だと言われている。今度は経済を見てみると富裕層が保有する資産は全体の77%で、その他の一般大衆が保有する資産が全体の22%と言われている。つまりあらゆる事が77:22となっていて、これをビジネスに応用出来れば大きな成果をあげる事が出来る。これを利用したのがまさしく藤田田なのである。

ではどこで利用したのかと言えば『サンキューセット』である。『サンキュー』というキャッチーなメニュー名と『390円』という非常に安い価格で日本国民を虜にしたメニューである。

これは『ありがとう』『安い』だけでヒットしたワケではない。というのも、当時は500円玉硬貨が普及した年だった。つまりこれをワンコインで支払う。そうすると390円の商品に対して110円のお釣りがくる。この『390』と『110』。これがまさに『78:22』なのである。

つまり藤田田はお客がいくら払っていくらお釣りを得たら潜在的に気持ち良いと感じるかを利用していた。それがゆえに圧倒的なヒットを遂げたのである。

どれだけヒットしたのかと言えば、この『サンキューセット』はこの年の流行語大賞を受賞した程である。いちファーストフードのいちメニュー名が流行語大賞を受賞したというのはいかに影響力を持っていたかは理解出来る。

これ程の影響力を持って藤田田は日本マクドナルドを超一流企業にした。

それを見届けてから藤田田はこの世を去ったが、そのこの世を去った時の藤田田の年齢が奇しくも78歳であった。

もしかすると藤田田の人生そのものがユダヤの教えそのもののもとにあったのかもしれない。

ただ、話はここで終わりじゃない。藤田田が他界した事でユダヤの法則は途切れたかとおもいきや、その後継者がいるという。

実は藤田田が存命中に一人の若者が訪ねてきた。若者はビジネスの事を藤田田に相談と教えをこうた。

すると藤田田は「君の時代はコンピューターだからコンピューターをやれば良いと思うよ。」と具体的にアドバイスをした。その若者は後にコンピューターの企業を設立し、成功させる。

その若者というのがソフトバンクの『孫正義社長』である。

ソフトバンクと言えば、最近のヒット商品というのが『ペッパー』。このペッパーは開発に非常に技術が必要で、ソフトバンクはフランスのロボット会社を買収しているが、その時の株式の購入割合も実は78%である。

その上でこのペッパーは非常に面白い機能がある。その機能を説明する為に孫正義社長自らが会見に出向いた。その機能は人間の笑顔を数値化する機能である。

孫正義社長の笑顔、実はペッパーによると78点だったそうである。つまり孫正義社長は22%の気持ちをうちに秘め、78%の笑顔でこれからも日本経済を牛耳ろうとしているのかもしれない。

そして、それこそがユダヤの教えのもとにあるのかもしれない。

スポンサード リンク

信じるか信じないかは貴方次第。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ